blog@雲ヶ畑奮闘記

京都雲ヶ畑で【七和三洋の暮らし】を実践する【これから日本人】の覚え書
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 中元・歳暮は日本のしきたり? | main |

自然の経済性

開発か自然保護か、環境か経済か、といった対立軸ではなく、
「経済的で自然保護にもなる生活法を発展」させていく方法を考えよう。

これは本質的な「経済と環境の両立」という意味であって、「環境に配慮したエコ商品消費社会」のような「エコ」経済発展ではない。
そもそも自然は超経済的で、無駄がなく、しかも完全なエコシステム(生態系)である。
自然保護と聞いて、博物館に保存された文化遺産ごとく分離して考えてはならない。
自然とはまさに生きたシステムであって、化石のような文化遺産とは違う。
当然、文化それ自体も生きたまま受け継がれていく「システム」そのものでなければ、単なる趣味の世界の、ぜいたくな閲覧品である。

人間はこの自然の「生きたシステム」を再発見しなければならない。
そこには最高の経済性が見出せる。

たとえば、薪ストーブの利用を考えてみよう。

薪ストーブは、冬には最高の暖房、調理器具だが、薪をすべて購入する現代の消費スタイルならかなり不経済な「趣味の」「ぜいたくな」産物である。
しかし、暖房や調理に使う薪を自ら山に行き調達してみるとどうだろう。
山で自ら手に入れた薪を使うことで燃料コストが削減するばかりでなく、人間の自然への理解と関心を高め、また森林を保護するという関わり方が無理なく可能である。
つまりこの行動によって、暖房や調理のエネルギーコスト、自然教育のコスト、森林保護・管理コストは超経済的にデザインされ、「生きたシステム」として最適化される。
これが自然の経済システムの利用である。

実質タダの薪を購入することは、個人の負担を増大させるだけでなく、自然教育の機会を奪い、森林の保護管理に個別のコストを要求する。
これが分断された経済システムである。

新たに経済性を計画する必要はない。
自然を求めることで、すべては必然的に準備されていくのである。
つまり、自然を求めることは、必然として超経済的なシステムが与えられるということだ。
その自然が与えるシステムを間違うことなく利用し、自然の教えを学んでいく技術を身に付けていくことが重要である。

利己的な考えや一過的な経済性を求めてはならない。
自然の教えは、現代の経済とは考え方が違うものだ。
それが最適なバランスを生み、最高の経済性を発揮する。

今、思うこと | permalink | comments(26) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/01/18 1:58 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/02/11 8:10 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/06/15 6:05 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/06/27 12:34 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/07/05 2:23 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/07/14 3:18 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/07/18 10:19 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/07/26 2:05 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/08/04 5:27 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/08/09 4:02 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/08/17 4:02 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/09/13 11:15 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/09/19 1:16 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/10/01 1:59 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/10/11 3:43 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/10/17 4:26 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/10/26 9:03 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/11/24 1:40 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/02 7:48 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/06 4:22 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/15 7:09 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/26 2:41 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/31 3:07 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/05 7:05 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/14 3:37 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/06/12 5:46 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jansemble.jugem.jp/trackback/13
この記事に対するトラックバック
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2009/01/24 12:33 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2009/01/24 8:04 AM
Profile
Links
New Entries
Categories
Archives
Recent Comments
和楽社中のホームページ
RECOMMEND
人間をみがく―『小学』を読む
人間をみがく―『小学』を読む (JUGEMレビュー »)
安岡 正篤, 安岡正篤講話選集刊行委員会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
武士道
武士道 (JUGEMレビュー »)
新渡戸 稲造, 矢内原 忠雄
RECOMMEND
日本の目覚め
日本の目覚め (JUGEMレビュー »)
岡倉 天心, 入交 雅道
RECOMMEND
代表的日本人
代表的日本人 (JUGEMレビュー »)
内村 鑑三, 鈴木 範久
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode