blog@雲ヶ畑奮闘記

京都雲ヶ畑で【七和三洋の暮らし】を実践する【これから日本人】の覚え書
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 良き本に出会う | main | 着物のこと >>

「まとも」ということ

何も今にはじまったことではないが、最近「まともなこと」が少なくなったと思う。というより、何が「まとも」か、ということすら判らなくなってきている。
世間を見渡しても「まとも」なものが少ない。

まともな大人、まともな先生、まともな家庭、まともなすまい、まともなモノとモノづくり、まともな食事、まともな生活、もともな医療、まともな教育、まともな政治、まともな考え方、まともなこころ…。

間違っても、「まとも」とは「一般的」という意味ではない。
これがイコールになるなら、「まともじゃないものが世間を覆えばまともになる」ということである。そんなことになったら、「お天道様が一体どこからでているのか」わからなくなる。
そんな馬鹿な話があってたまるか。

今の世の中、「まとも」をまともに実行することは、難しいのかもしれない。上記の「まともな」を「ふつうの」に替えて読んでみれば、生きていくのは容易い。楽でカンタンで、そのほうが都合がいいだろう。

しかし少しでも、「まともな」神経があるならば、その生き方は却って苦痛になる。
その道を踏み外さない、ということが重要なことになる。

いかに物事が、流行やファッションや、耳障りのいい言葉で飾られようとも、その本質が「まとも」であリ続けることが出来れば、それでいい。それがいいのだ。

だから僕は信じる道を行く。
その他に、真の価値などありはしない。
今、思うこと | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

その「まとも」という言葉を「らしさ」に置き換えても同じことが言えると思う。
「らしさ」を大事にした日本人の心はいつから無くなってしまったんだろう。
大人と子供、男と女、教師と生徒、金持ちと貧乏人、などなど、あらゆる「らしさ」が今は差別という聞こえのいい言葉に誤魔化され「分限」が無くなってしまったことは嘆かわしい限り。
kenzo | 2006/07/10 12:08 AM
まったくです。
ちょっと前、建築をはじめ、グローバルとともにスパーフラットなんて言葉が流行りましたね。
kenzoの言うような『らしさ』とは、それはまるで逆のもので、本当にバカバカしく思えました。
『自分らしさ』というと、ちょっと個人主義的で嫌なのですが、それは自分の立場をわきまえるということ。
自分を知る。故郷を知る。ということの大切さのように思えます。
じゃんさんのブログのコメントでこんなこと書くのはよくないかもしれないけど、本当、ジェンダーやらなんやらいう左翼思考の人って、謙虚に振舞ってほしいなぁ。
まっ、謙虚さが備わってるような人なら、その時点であまり左翼的でないのかもしれないけど・・・。

そうそう、kenzoさん、僕のブログへの書き込みありがとうございました。

で、じゃんさん、京町家作事組の情報ありがとうござました。
しんご | 2006/07/10 12:46 AM
ケンゾーへ。
コメントありがとう。
今は「日本人らしい」よりも「らしくない」ほうが褒め言葉になってますね。日本人離れしている…とか。日本や日本人はいったいどこへ行こうとしているのか…。

しんごへ
イデオロギーというのは、経験則に逆らった理想的観念であるために、極端にバランスを欠く傾向がありますね。主張としてはわかりますが、自然は本来多様で、無常でしかし慈悲深く公正なものです。現代はやはり、人工的な環境を整備しすぎて、その辺のところの理解が少なくなったのでは?
jan | 2006/07/10 11:01 PM
らしさ。。。か。。。ケンゾーさんの「らしさ」っていう言葉も難しいよね!?「らしさ」っていう言葉の解釈は人それぞれで、きっと言葉が足りないと思うなぁ。○○らしさっていう言葉の大切なところってなんやと思う?それが、あたしはまだ言葉に出来ないな。。
あと、まともってこと。これも、又、なんと難しい。。。でも、まともじゃないって思うことがあるからこそ、まともへ帰ろうとするわけやし、時間は常に進むから、移り変わりはしょうがないから、常にこれが必要やし。
っていうと、まともじゃない状態がある時っていうのも、前向きにあるんじゃあなかろうか。。。
まともについて考えるみんなこそ、前向きが形に表れてることだと思うなぁ。。
それと、じゃんさん、じゃんさんあたしを日本人を超越してるかも?みたいなこと書いてたじゃぁあ〜りませんか?!あれは、ほめ言葉やろ?って取ってんけどな、アハハ (*゜▽゜)
miho | 2006/07/11 4:44 PM
>miho
そ。もちろん「ほめ」ですよ。ほめ+フォローの意味で。社中のHPって日本を求めて来る(?たぶん)わけでしょ。そういう人が「何?!」ってならんように入れておきました。日本人にはまだまだ「自分らしさ」でどこまでも勝負できる程、個人主義は成熟してないと思います。シンゴの言うように「謙虚」がいいです。でも、自分はしっかり失わない。コレでしょう!
jan | 2006/07/12 9:14 PM
んんんん、、、。
じゃんさんって、すごい謙虚なんやね。って思ってしまった。そういうことやわ。。。。うん、
なるほど。
miho | 2006/07/13 5:34 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jansemble.jugem.jp/trackback/3
この記事に対するトラックバック
Profile
Links
New Entries
Categories
Archives
Recent Comments
和楽社中のホームページ
RECOMMEND
人間をみがく―『小学』を読む
人間をみがく―『小学』を読む (JUGEMレビュー »)
安岡 正篤, 安岡正篤講話選集刊行委員会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
武士道
武士道 (JUGEMレビュー »)
新渡戸 稲造, 矢内原 忠雄
RECOMMEND
日本の目覚め
日本の目覚め (JUGEMレビュー »)
岡倉 天心, 入交 雅道
RECOMMEND
代表的日本人
代表的日本人 (JUGEMレビュー »)
内村 鑑三, 鈴木 範久
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode