blog@雲ヶ畑奮闘記

京都雲ヶ畑で【七和三洋の暮らし】を実践する【これから日本人】の覚え書
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 「きもの学」に参加しました。 | main | 厳島神社の大杉、切られる。 >>

オシム語録

最近、日本代表監督イビチャ・オシムの記事をよく読む。なぜかそれも、むさぼるように読んでいる。辛辣で率直でしかもクセのある彼のことばは、”オシム語録”と呼ばれ、本もベストセラーにもなっているが、そういった話題性という理由からではなく、率直に今の自分に合っているから響くのでる。

彼の目指すサッカーは「日本オリジナル」。ブラジルでもイタリアでもフランスでもない日本のサッカー。それがオシムの目指すチームの姿である。奇しくも拙著のコラムで私は”日本のサッカー”の必要性を説いた。おどろいたことに、それと同じことをこの外国人監督は指摘し、既に実践しているのである。

サッカーのコメントであるが、”オシムのことば”は日本に対する、また日本人に対するメッセージに思えてくる。「準備不足」「子供病」「指示を待つな、自分で考えること!」「スターは要らない」「走って、走って、走れ!」…これらは、現在の日本人の”習慣”や”精神性”に訴えかけたメッセージだ。日本を代表する、しかもプロの選手達が、これらいわば”当然であるべき”ことをいまさらながらに言われる屈辱。これらはもはや、プレーする選手達だけの問題ではない。われわれ大人も充分に省みなければならない問題である。

また私は、先のコラムの中で「サッカーやあらゆる競技・表現には国が現れる。」とも書いた。日本のサッカーには、”現在の日本”の病理が現れている。特に歴史の若い日本のサッカーにおいては、顕著にその未熟さが現れている。オシムのことばは、われわれ日本人に「なぜ日本の若者は成長できないのか?」、「なぜ日本の大人はこんなに未熟なのか?」、「大人なのに、なぜあたりまえのことができないのか」と問うている。国・社会を形作っているのは”人間”だ。政治でも経済システムでもない。問題なのは人間、そして教育である。その教育の問題は、われわれ自身の問題ではないか?それを、彼は指摘しているのである。

オシムは若い選手しか呼ばない。それは、既にプロとして何億円も稼いでいるスター選手のプライドを傷つけ、ブランドに泥を塗り、権威を失墜させる行為を、選手自身が耐えられないからであろう。若い選手は違う。その向上心ゆえ、またそのプライドを燃やし、果敢にトレーニングに耐える、”熱い鉄”だからである。冷え固まった鉄はもう打っても成長しない。打てば相手を傷つけ、壊れゆくのみである。もし仮に古い鉄がもう一度、熱く輝くことになるなら…。日本の教育もまだまだこれからよくなっていくだろう。

オシムは良い指導者である。コーチである。先輩である。「サッカー学校はすばらしい学校だ。ここを卒業したなら、その人の人生はすばらしいものになるだろう」この言葉は、どの道にもあてはまる言葉だ。自分もそれを体現できるように努力していきたい。

日本代表監督としての彼の成功は未知数だけれども、それ以外で何か日本に大きな功績を残してくれる人だ、と私は確信している。

今、思うこと | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

TBありがとうございました。VIVAと申します。↑の記事を読み、本当にその通りだと思います。私もこう書けばよいのかと勉強になりました。こちらからもTBさせていただきました。
VIVA | 2006/09/10 3:26 PM
>VIVAさん
TBありがとうございます。記事の感想いただき光栄です!こちらも参考になりました、ありがとうございます。
| 2006/09/11 8:52 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jansemble.jugem.jp/trackback/7
この記事に対するトラックバック
Profile
Links
New Entries
Categories
Archives
Recent Comments
和楽社中のホームページ
RECOMMEND
人間をみがく―『小学』を読む
人間をみがく―『小学』を読む (JUGEMレビュー »)
安岡 正篤, 安岡正篤講話選集刊行委員会
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
武士道
武士道 (JUGEMレビュー »)
新渡戸 稲造, 矢内原 忠雄
RECOMMEND
日本の目覚め
日本の目覚め (JUGEMレビュー »)
岡倉 天心, 入交 雅道
RECOMMEND
代表的日本人
代表的日本人 (JUGEMレビュー »)
内村 鑑三, 鈴木 範久
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode